SOUND POLLUTION “Against Music Imperialism 88-89” LP + BOOKLET (Ltd.100 DIE-HARD DARK PURPLE VINYL)

まだあった!

全300枚プレス中限定100枚ダイハード・ダーク・パープル・ヴィニールにての再入荷!

ギリシャDeath Metal大御所ROTTING CHRISTがまだグラインドコアだった極初期の1989年にデビュー作としてリリースされた激レアSplit EPのもう片面に収録されていたギリシャ・カルト・ノイズGRINDグループのディスコグラフィーLP!

この時代は7MON, AxC, STENCH OF CORPSE, BUKA, MEAT SHITS, EXTREME SMOKE等の今は伝説化したグラインドノイズ・グループのパイオニア達が生まれ出たこのジャンルの創世記!

でこれら殆どのグループの狂った作品を当時リリースしていたのがドイツのTNT (TOTAL NOISE TAPES) Recordsというレーベルでして前述したROTTING CHIRIST / SOUND POLLUTION Split EPもこのTNT Recordsからリリースされていたんですが特にこのEPはROTTING CHRISTが世界的に有名なデスメタル大御所グループとなってしまった為に今やかなりの高値がついている模様!

さて今回主役のSOUND POLLUTIONですが当時NAPALM DEATH、SORE THROAT、7 MINUTES OF NAUSEAに触発され活動を開始、短い活動期間中にSplit EP以外にも2本のデモをリリースしていたようですがそれら全ての音源をぶち込んでレコード化した本作!

内容は

*“Practic holocaust” Demo (1988)
*Split tape with 7 Minutes Of Nausea (1989)
*Split 7' with ROTTING CHRIST (1989)

の計52曲入り!

グラインドノイズとはいえ、やはりギリシャのバンドらしいアトモスフェリックな要素もあるキッタなくて超ステンチでクラスティーかつデスメタル的なぶっ壊れショートカット・サウンドはやはり既成のパンク/ハードコア〜メタル・ミュージックがラジカルな破壊を遂げたあの時代ならではのサウンド!

封入のブックレットにはライナーノーツ、当時の写真、ギグのフライヤー、オリジナル・デモのアートワークも掲載!





販売価格 2,750円(税込)
型番 F.O.A.D Records