RADIOACTIVE "8 Track Demo 2017" CDR (2nd PRESS)

発売中!

この度刊行されたDistort Noise Zineの編集者Hal氏がギタリストとして在籍し、ex-DROPEND~KAFKA, DECEIVING SOCIETY, ABILITYメンバーによって結成された東京拠点レイジングDISTORT NOISE D-BEAT KANG HCグループ、2017年1st DEMO!

この新グループの編成は以下の通り!

Kinochi(ex-ABILITY/ex-DECEIVING SOCIETY)
Hal(ex-DROPEND/ex-KAFKA)
Aoi(アルカシルカ)
Dai5(ex-DECEIVING SOCIETY/ex-ABILITY)

とまあ中には90年代に大阪の梅田GUILDで行われていたFINAL NOISE ATTACKギグで暴れ倒していた連中もいるもんですから決してただの新人さんバンドではないんですけどね!

DECEIVING SOCIETY, ABILITY活動停止後もドラマーとして音楽活動を続けていたDai5(以下ダイゴ)が突然現れて「実は新しくHCのバンドを始めている」と宣った時にはまた彼の、あのDECEIVING SOCIETYで見せてたクラッシャー破壊ドラムを観れるのか!と興奮しましたね!

しかもDROPEND~KAFKAと渡り歩いてワタクシの知る限り最も世界の現行クラストバンド達の動きを熟知しているHal氏とタッグを組んで極めつけにダイゴのDECEIVING SOCIETY~ABILITY時代の相棒キノッチをヴォーカルに引っ張り出してきたってなってワタクシはミサイルになって飛んでっちゃいそうになりましたね!

というわけでこのデモ、こんなベテラン勢が集まっているだけあって1stデモとはいえ、既にガッチリ完成されたサウンドとボリュームでもう1stアルバムといっても良いんじゃないか?ってなくらいのクオリティーとなっております!

KAFKA時代からのHal氏の特徴的なRAW DISTORT NOISEギターにダイゴのD-BEAT基調の怪物ドラムが暴れ倒しABILITY時代好評だったキノッチのハイテンションなヴォーカルが負けじと引っ張るRADIOACRIVEの攻撃的FIGHT BACKサウンドはしかし、単なるRAW PUNK~クラストにとどまらず彼らがこれまで吸収してきたあらゆるHC〜果てはROCKの要素をも消化したスケールのデカいサウンドとなっています!

ジャパニーズ・ロウ・クラスト好きは勿論、それ以外の、例えばLIP CREAMとかお好きな幅広い層のHC ファンの方にも十分にアピールできそうな全8TRACKS!

Hal氏運営レーベルDISTORT NOISE RECORDS & TAPES第一弾リリース!


販売価格 1,080円(税込)
型番 Distort Noise Tapes & Records