GRAVE MIST "Demography 93-97" CD (DIGI-PACK)

cunts 狂人TOTAL NOISE MANIACウッチー運営死体カセット2021年最新リリース二連発のうちのひとつは90's東京超オブスキュアFILTH STENCH SPEED NOISE HARD COREグループ、GRAVE MISTが残した二本のデモ音源をマスタリングしてコンパイルした全34曲入りデジパックCD!!

このグループは全く知らなかったし驚きました!

そしてGRAVE MISTというグループ名と死体カセットリリース、という先入観から耳にする前はグラインドコアか早すぎたノイズグラインドかと思いましたがそれはちょっと違いました!

その活動期間の1993年から97年といえばGAUZEやLIP CREAM、S.O.B、OUTO等の日本のハードコアにはじまって主にUKから流れてきたNAPALM DEATH、HERESY、RIPCORD、CONCRETE SOX、SORE THROAT、DOOM、ENT等のCRUST〜GRIND〜SPEEDCOREの洗礼を受けた世代だと思うのですがこのGRAVE MISTというグループはモロにその流れがサウンドに出ながらも更に究極を目指し一曲数十秒〜数分のショートカットな楽曲に徹するという快挙を成し遂げていたのですね!

この感じはジャパニーズ・ハードコアパンクを基にUK CRUST〜SPEEDCOREやノイズコアを貪欲に吸収していった大阪初期GLOOMやそのメンバーがSHIGAちゃんを引っ張り込んでやっていたWARCRYにも通ずるものを感じてしまいました!

いやしかし、これだけラジカルでクオリティー高い音源がまだ眠っていたとは、、、よくぞやってくれたウッチー&死体カセット!!

以下インフォメーションより!

1994年5月アンティノックでデビューライブ
B &Vo志田純一GルウDr
木下直広
Gルウはすぐに脱退
直後にG岩本俊弘が参加
後にVoでミッキーが加入するが、すぐに脱退
1995年秋頃にBでカザマが加入するが1996年1月で脱退
1997年1月アンティノックで解散ライブを行う

(GRAVE MIST ドラマー・木下直広氏によるバイオグラフィー)

関東超オブスキュアアンダーグラインダー・GRAVE MISTが残した幻のデモテープ2本がCD化再発!今回の再発の為にリミキシングが施され、汗のほとばしりを感じさせるより生々しいサウンドに仕上がった全36曲収録!

93年結成、黒シャツ一色なライヴハウスにガラシャツと派手な髪色で登場し、音楽シーンの異端を担うグラインドコアシーンの中でも異彩を放っていたGRAVE MIST。肉奴隷主催 "殺戮雑音部隊"やDxIxEの"Blast Mosh Grind"などの名物グラインド企画にも参加し、"速い 重い やけくそ"というバンド理念三本柱の下、ベースレスとは感じさせないジャパニーズHCとグラインドコアを融合させた超高速かつテンションの高いライヴがアンダーグラウンドで評価を受ける。しかし突如97年1月のライヴで解散を表明、正味3年というその短い活動期間でバンドは幕を下ろす…

活動期間中にGRAVE MISTが残した主だった音源は2本のデモテープのみ(いくつかのオムニバスにも参加しているがその参加曲はデモテープからの抜粋)、今回その2本のデモテープをコンパイルしたCDがこの"Demography 93-97"だ。当時のGRAVE MISTを伺い知れる唯一の資料 UNDRERGRIND zine vol.2に掲載されたインタビューで『最初はいわゆるHARDCORE色が強かったんだけど、2nd DEMOあたりからグラインド色が強くなった』とメンバーが語っている様に、このCDを通して聴くと1st DEMOと2nd DEMOでの音楽スタイルの変貌を楽しむことが出来るだろう。
まず最初に収録された1st DEMO、ブラストビートが多用され叫び狂うボーカルからもグラインドコアを感じさせられるが、ギターリフからは影響を受けたと言うDeathsideや初期Roseroseといった日本のハードコアパンク黎明期に活躍したバンドのエッセンスも。GRAVE MISTの活動期に大分で産声をあげたCarcass Grinderや、Excreted AliveなどスペインのHC meets Noise Grindにも近い極上のHC Grindな音源だ。
そして2nd DEMO… HCパンクからの影響は薄れ、この2nd DEMOは突進系ブラストグラインドコアに進化!スタジオ録音の為か、ファーストDEMOより音質も格段にアップ。弦楽器1本とは思えない分厚いギターが忙しなく刻むブラストビートの上に陣取り、ボーカルの狂声が暴れ回る。このGRAVEMIST 2nd DEMOが忘れ去られてしまうことはジャパニーズグラインドコア史に於いて大きな損失であり、この再発に関わることが出来たのは死体カセットの誇りであると断言したい。オーストラリアのWarsore、近年のバンドで言うとアメリカのFiendと似たテイストを感じさせる素晴らしいブラストグラインドコアの傑作だ!

この音源は当レーベルから同時発売されるトイレの花子さんバンドのメンバー・鈴木氏/杉田氏の尽力により完成した。ここで改めて謝辞を述べたい。またこの作品はバイオグラフィーを提供していただいたGRAVE MISTの元ドラマーで、現在は鈴木氏とHCパンクバンド・モザイクスに在籍する木下氏による公認ディスコグラフィーCDである。
販売価格 1,800円(税込)
型番 死体カセット