WORLD "World" CD

再入荷!

今年に入って大阪難波BEARSにて約20年ぶりの復活ライヴを敢行、当時を知る者そして伝説を初めて目の当たりにする者の両者を驚嘆と衝撃をもって湧かせた異端エクストリームGRIND NOISEグループ、WORLD!

ライヴ当日メンバー3人で現れるも持参してきた楽器はマイク2本とドラムスティック2本だけ、という「バンド」の常識を根底から覆す体制ながら圧倒的なサウンドをもって観るものを虜にする存在感は現在も唯一無二!

そんな彼等のこの度リリースされたこれまた常識破りなつくりのベスト盤CD!

真っ白に見えますが実は.....買ってのお楽しみ!

ワタクシもその存在を知らなかった1995年デモ、その他全て現在廃盤で入手困難な音源を集めた曲数カウント不可能にしてますます謎が深まる、これは色んな意味で究極のベスト!

以下インフォ!

90年代大阪グラインドシーン(GRIND OSAKA)を中心に存在を示し、今なお語り継がれるノイズグラインドバンド"WORLD"初の音源編集盤。

代表的なリリース作である”Why Who What”(1st solo EP / 1995)、”Why Nobody Understand”(Split EP w/YesMeansYes / 1997)、”SPACE”(2nd solo EP / 1998)、”NEW WORLD”(Split w/CRIPPLE BASTARDS / 1999)の他、”DEMO 1995″(cassette / 1995)、そして”Snarl Out 7″ Compilation”(EP / 1997)、V.A. “19.1.17.5.46”(cassette / 1995)、V.A.”PAINKILLER presents 2000 OSAKA WAR”(CD / 2000)参加トラックを収録。

原浩一氏による全曲リマスタリング、メンバー監修の16頁ブックレット封入。

デビューから20年を越え未だフォロワーの発生さえ許さない特異かつ孤高のパンク・バンドの悪意の結晶、今ここに蘇る!

1993年結成、1995年京都舞鶴にてライブデビュー。
グラインドコアバンドとしてスタートしつつ自作のノイズマイク開発。
テープコラージュなど多様な実験的手法を取り入れ活動。
1998年、EP”NEW WORLD”で悪意の完成を迎える。
1999年、予言された世紀末の訪れに伴いHIROSHI”tama”ZEN脱退、悪意/闇/地獄をぶっ放して活動停止。
2018年、難波BEARSで19年振りにライブ活動を再開。

Tracklisting:
01.DEMO 1995 – 4:53
02.Why Who What – 4:03
03.Why Nobody Understand? – 2:51
04.NEW WORLD – 4:18
05.SPACE SIDE A – 5:56
06.SPACE SIDE B – 3:28
07.Snarl Out 7″ Compilation : 1:32
08.V.A.19.1.17.5.46 – 1:41
09.V.A.PAINKILLER presents 2000 OSAKA WAR – 6:48
Total 35:27

Vox:kovLA
THROAT:HIROSHI”tama”ZEN
DRUM:AONO TADAHIKO
DRUM:KANAME(WHY WHO WHAT)

販売価格 2,160円(税込)
型番 死体カセット